The spaces are open to creative artists.  CLICK TO SEE MORE
 

219公募展(ニイクコウボテン)

2020年2月15日(土)〜2月20日(木)
11:00〜19:00
最終日 17時まで 

新たな作家さんとの出会いを求めて「219公募展(ニイクコウボテン)」をスタートします。

 
参加作家一覧(順不同)
押見 梨香宏人長 雪恵平井 たこ内野 隆文佐久間露涓草薙 薫松野 佳奈岩室 恵子前田 真弓 
 

押見 梨香(おしみ りか)

現代アート(イラストレーション)

アクリル絵具、水彩ペン、鉛筆などを使用し主に人物画を制作しています。 海におちている石ころや貝殻、カーテンの影、植物の形や習性。 コーヒーのシミ、光るもの、回っているもの、かけたもの。 なぜ惹かれるのかはわからないけど、気になるものでいっぱいでした。 そういったモチーフを、日々の生活から美しさをすくい取るように描いています。 空気感や光を大切に描いています。

1987 神奈川生まれ。 2011 横浜美術短期大学専攻科グラフィックデザインコース卒 デザイン事務所、タオルメーカーを経て、現在は制作をメインに活動する傍ら、横浜美術大学の非常勤講師となる。   個展 2014「リンゴが食べたい」shibuyabooks書斎ルーム、東京 2015 「テーブルに海と花」 vuori カフェスペース、神奈川 2016 「ゆらゆら」zushi art gallery、神奈川 2019「押見梨香展」古書店&ギャラリー タナカホンヤ、東京 他多数   グループ展 2012 「旅団」GEISAI#16 飯田高誉賞 受賞、東京 2012 「旅団」 hidari-zingaro、東京 2017 「小さなアート展」逗子アートフェスティバル zushi art gallery、神奈川 2018imagining展」目黒区美術館区民ギャラリー、東京 2019 independent tokyo 2019」東京 他多数

 

宏人(ひろと)

アクリル画

油彩画、テンペラ画を経て現在はアクリル絵の具で描く。2015年から女子高校生を「若さと可能性の象徴」と定義し少女画を発表。引目鉤鼻に代表される様式美、単純化された線描と彩色、余白といった日本画の表現様式と共通するマンガ・アニメの手法を引用し、日本的美意識の現代的表現として制作している。

蔵と現代美術展2015,2017 ACTアート大賞展佳作2017,2018 CAFN2017 かわうそ新人賞佳作2018 その他 個展、グループ展多数
 

長 雪恵(おさ ゆきえ)

平面作品・立体作品

世の中は矛盾に満ちあふれている。 私達が今まで見て、聞いて、感じてきた事は、真実のほんの一部でしかない。 その先にある事は、とても信じ難い事であったり、自分の無知を知る出来事であった・・。私達が生活している毎日の暮らしの中には心が壊れてしまう様な残酷な出来事が存在するのだ。 人はキレイ事だけでは生きていけない。 目に見ている物のその奥にある裏側を感じ、混沌とした中で毎日を過ごしている。 人は弱い生き物だし、1人では生きていけない。 皆いろいろな事を抱えて生きている。   どんな事も気持ちの問題で、考え方1つで自分の世界はいくらでも変わっていく。   「生きていく事」とは・・・「優しさ」の裏にある「残酷さ」・「楽しさ」の裏にある「つらさ」・「温かさ」の裏にある「冷酷さ」。この裏にある「苦しみ」も含めて「生きていく」事だと思う。   そういう日常・生活を思い作品を制作しています。

多摩美術大学造形表現学部造形学科油画専攻卒業 〇受賞歴 2005年 第20回国民文化祭・ふくい2005 文部科学大臣奨励賞/世界堂「もうひとつのせかい YES展」 遠藤彰子賞 2006年 第10回「新生展」 新生賞 2009年 第12回岡本太郎現代芸術賞展 岡本敏子賞/前橋アートコンペライブ2009  ミヤケマイ賞 2017年 2017松濤美術館公募展 優秀賞/SICF 18 石田尚志賞/MMM2017 みなとメディアミュージアム 地域賞 (共作:tsugu-mi 諸江亮×長雪恵)〇入選など 2004年 タマアートコンペティション 入選 2005年 第23回伊豆美術祭(IZUBI展) 入選/18回美浜美術展 入選/6回熊谷守一大賞展 入選 2006年 第1回全国公募絵画展2006・ビエンナーレうしく 入選/16ART BOX大賞展 入選/2回世界堂大賞展 入選 2008年 第2回全国公募絵画展2008・ビエンナーレうしく 入選  2010年 岡本太郎の「いきもの」展に作品展示(岡本太郎記念館/東京) 2014年 ゲンビどこでも企画公募  2014(広島市現代美術館) 入選 2015   コニカミノルタソーシャルデザインアワード2015  入選/2015NIIGATAオフィスアートストリート  入選 2016年 シェル美術賞2016 入選 2017年 公募2016アートハウスおやべ現代造形展 入選 (共作:長雪恵×青柳瑞樹) 2018年 SICF受賞者展(スパイラル) その他個展・グループ展など多数
 

平井 たこ(ひらい たこ)

風景画

風が吹いて葉っぱや花、雲などが動いている様子とその音が好きです。そんな風を感じるランドスケープを描いています。

イラストレーター 絵や写真の制作、ウクレレ初心者サークルのインストラクター
 

内野隆文(うちのたかふみ)

絵画(主にアクリル絵の具による抽象画)

ネクタイを締め、満員電車では駅に着くたびに車外へ押し流され、 朝から晩までデスクに向かう日々の傍らで、絵を描いている。   立ち止まることの許されない私たちの世界。 昼間の怒涛は一瞬に過ぎ去り、 夜には夜の音楽が流れる。   震えるほどの怒りを飲み込んだ日にも夜は必ず訪れて、 明日を恐れる人の空にも星は瞬いている。   ビルの隙間に覗く空の頼りない星のように、 そっと誰かを勇気づける作品でありたいと願う。

1980年生まれ。 地方の大学(経済学部)を卒業後、税理士事務所や企業の経理として働く。 2008年、勤めていた会社が倒産し、ハローワークで現在の企業に就職。東京に飛ばされる。 2016年、独学で絵を描き始める。   2017年 第1回個展(Cafe et Galerie Moineau、上野)      第2回個展(RENOVATION BOOK CAFE、恵比寿) 2018年 第3回個展 「Jazz & Bird」(汐花 SEKKA・BORDERLESS SPACE、根津) 2019年 第4回個展 「Rush Hour People」(汐花 SEKKA・BORDERLESS SPACE、根津) 2020年 アートフェア 「ART INNSBRUCK 2020」(オーストリア)ファン・ゴッホ・アートギャラリー(マドリッド)より出展   その他グループ展など多数
 

佐久間露涓(さくまろけん)

油絵(動物と機械が多いです)

動物や無機物をモチーフに、動力や自然界に於ける作用など、エネルギー(物質が内包する仕事をする能力)をテーマに活動しています。 「もの」に触れた瞬間に心に湧く感覚を「もの」からの作用と捉え、その作用点としての純度をなるべく高く描きたいと考えています。

女子美術大学芸術学部絵画科洋画専攻卒業 武蔵野美術大学造形学部通信教育過程芸術文化学科入学(在学中)   大学卒業後、絵画教室の講師を経て、人物やペットの肖像画の販売する傍ら、フリーランスのイラストレーターとして雑誌や書籍に挿絵を描く その後、文具屋に転身 2014年より油絵の制作を再開 万年筆でもドローイングを行う 【画歴】 1997   有島武郎青少年公募絵画展 入選 学生美術全道展 北海道新聞社賞受賞 1998 有島武郎青少年公募絵画展 入選   卒業制作大学買上 2015 AERO CONCEPT のイヤーポストカードにてドローイングを担当 2016 AERO CONCEPTのイヤーポストカードにてドローイングを担当 ニ人展「踊り子とヴンダーカンマー展」(高円寺 クロスロード) 2017 HITAKIBA ss2 (根津 HITAKIBA 2018 14 世界絵画大賞展 入選 グループ展「ちいさくてかわいいもの展」(吉祥寺 一日) 2019 かふぇ・り・どぅ・あんぐいゆコーヒーラベルを作成 個展「作用点」(学芸大学 流浪堂) みんなでしあわせになる祭ポスタービジュアルを担当 グループ展「ロビー絵画展」(新宿 ギャラリー絵夢) 41 KENZAN (新宿) グループ展「吉祥寺猫日和」(吉祥寺 一日)
 

草薙 薫(くさなぎ かおる)

ペン画

ペン画を中心に、少しシュールで幻想的な世界を表現しています。

2017 銀座かわうそ画廊新人賞 同賞入選展 銀座STAND80 夏祭り展 2018 銀座モダンアート 妄想装画展 リキテックス・ザ・チャレンジ 小松美羽賞 2019 gallery hydrangea 公募展 鳥ノ巣ノ国
 

松野 佳奈  (まつの かな)

日本画

とても美しく繊細な色や質感を持つ日本画の材料が大好きで、その力を借りながら、時々の機微を描きたいと思っています。

2001  多摩美術大学 美術学部 絵画科 日本画専攻卒業 2003  個展「散る光、満ちる刻」 銀座・ギャラリーゴトウ 2004  三人展「碧」 飯田橋・ギャラリー52 2005  個展「記憶への想い」 銀座・藤屋画廊 2006  個展「空・宙」 銀座・ギャラリーポート 2008  個展「花眼」 銀座・ギャラリーポート 2009  個展「sign 市川・美容室theB 2010  個展「思惟のかけら」 銀座・ギャラリーゴトウ 2011  個展「ときのいろ」 銀座・ギャラリーゴトウ 2012  グループ展「わたしの富士山」 銀座・ギャラリーゴトウ 2012  グループ展「啄木へのオマージュ」 銀座・ギャラリーアートロベ 2014  グループ展「ちいさな作品たち-miniatureの魅力-」 上田・心の花美術館 2017  グループ展「necollection 上田・心の花美術館 2018  グループ展「猫を愛する20名の作家たち」 上田・心の花美術館
 

岩室 恵子(いわむろ けいこ)

立体造形

見る人をニヤリとさせたり、ほっこりさせたり、ただかわいいだけじゃなく、 ウィットに富んだ世界観を構築したいです。

1971年 生まれ 1996年 より 立体創作開始 2003年  キャラ博04 2006 年 新風展 銀座創画廊 2007年  デザインフェスタギャラリー企画 奇想サーカス展 2010年 第2回世界創作人形展 2012年  メンズブティックCocoaleafThe Universe in Wonder-egg」個展 TDW tagboatYoung Artist Japan ギャラリーDazzle Decorated Jacket作家が飾るジャケット展」 2013年 TDWArt 2016年 てらおなみ 岩室恵子二人展「タリスマン」大阪ギャラリー4匹の猫 2017年 ROOM展 バロンデッセ 2018年 人・形展 丸善 他グループ展等多数
 

前田 眞弓(まえだ まゆみ)

鉛筆画

鉛筆で静かなモノクロの世界を描いていきたいです。 そして、見て頂いた人の中に何か「物語」が出来たら嬉しい。

2016.5月 上野の森美術館「日本の自然を描く展」 入選 2016.9月 茨城県結城私立情報センター(結城図書館)にて「鉛筆画二人展」開催 2017.4月 栃木県宇都宮市「Mee's Gallery」にて 初個展「じーまーさんの鉛筆画展」開催 2017.11月 現代動画展 2作品 入選 2017.11月 中美展   2作品 入選 2018.11月 現代童画展 新人賞受賞 2019.5月 現代童画展 受賞作家展(新宿アートホール)